カテゴリ:本( 11 )   

慈悲の瞑想   

2012年 02月 03日

亡くなってしまった方の供養に際して大切なことは、
嘆くことではなく、慈しみの心を持つこと。
慈悲の瞑想で「亡くなった方が穏やかであるように」と念じる

嘆くことで母を思っていた
悲しむ007.gifことで母を思い出していた
被災地のニュースを見るたび
何も出来ない自分を責めていた
慈しみの心をもつということは悲しむことだと思っていた
母が安らかであるようにと思うと
穏やかな気持ちになる
母は悲しみに明け暮れることを望まない
そうは思うけど
まだ時間が必要です059.gif

考えない練習  小池龍之介より
[PR]

by sHimawari2 | 2012-02-03 22:56 |

料理する   

2012年 02月 03日

食物を心を込めて丁寧に作くる。
丁寧に作るためのコツは「音を立てずに作る」
包丁で野菜を切る時、
上から下に圧をかけてしまうと、野菜の細胞を
よけいにつぶしてしまうので、
音を鳴らさないように「スーッ」と引くように切る
後ろから斜め前に差し込む、あるいは
前から斜め後ろに「スーッスーッスーッ」
丁寧に引き切る
斜めに切るときは材料を斜めに置き
包丁は真直ぐ持つ


音を立てずに作る事に注意を払ってなかった
大きな音を立てる事はなかったとしても
音に対して気にしてなかった
引き切ることは習っていても
意識してしてなかった
ひとつひとつの動作を心を込めて丁寧にしてみよう
料理が変わるかな?

考えない練習 小池龍之介 より
[PR]

by sHimawari2 | 2012-02-03 00:12 |

森崎書店の日々   

2011年 12月 26日

c0141431_18134988.jpg

神保町の古本屋を舞台にした小説

古本屋に思わず通いたくなる物語
ほのぼのしていて
小説を少し真剣に読もうかな?と
思ってしまった
もうすぐお正月
今年はゆっくり本を読んでる気分でもなかったので
少し時間がたったんだなと
あらためて感じた
本が読める幸せ
余裕が少しだけ生まれたのかな?
仕事と関係ない本を読む楽しみ
主人公が会社をやめて
眠くてズーと寝てる時期があったけど
人は少し充電期間が必要な時ってあるんだと
あらためて思った

焦らないでその時まで
ゆっくり休んでもいいんだと
ちょっと思わせてくれた物語063.gif

映画化061.gifもしていたみたい
みてみたいな?!
[PR]

by sHimawari2 | 2011-12-26 18:04 |

阪急電車   

2011年 01月 05日

c0141431_23571951.jpg

有川浩作
2011年映画化 主演 中谷美紀 だそうだ
映画化される前に読んだ方がいいよと
薦められ通勤電車の中で
一日で読んでしまった
なんだかほこっりする063.gif
ありそうな・・・・・出来事
電車の中のいろんな主人公がよく描かれていて
面白い045.gif045.gif

車内ではもっぱら寝てるので
興味を持って見たことがなかった
なんだか少し視点を変えて見てみよう
車窓からの景色もぼやーっと眺めてたけど
興味も持って少し見てみよう
違った何かが見えるかも?
途中の駅で降りるなんてしない私は
たまには途中下車して散歩してみてもいいかも?と思ったり
路地に面白いお店があるかも?と
そんな気にさせてくれる本でした

もちろん阪急電車今津線沿線を乗って見たくなりました
[PR]

by sHimawari2 | 2011-01-05 23:57 |

空と海のであう場所   

2011年 01月 03日

c0141431_8164475.jpg

小手鞠るいさんの作品

奪うことよりよりも与えることのほうが、ずっとたのしいんだよ。
奪えば奪うほど奪った者は不幸になっていく。
与えれば与えるほど、与えた者は幸福になれるんだ。

りんごの木は、1本だけ植えても、実をつけない。
何メートルか以内に、必ずもう1本、植えておかなくては
ならない。実を収穫する時には、すべての実をもがないで、
必ず何個か残しておくように。
それらの実は、そのりんご木を守ってくれる『りんごの木守り』だから

一本の木を守るために、自分のすべてを静かに、黙って、朽ち果てるまで、
差し出している木守り。

いい言葉がぎっしり入った本
挿入の絵本の文も素敵で
思わずこの絵本売ってないかな?んておもってしまいました。
アイルランドのキルケニー
ディグル半島には絶対行きたいなんて思ってみちゃった
ミーハーな私
Meeting Point: Sea and Sky
A Heaven Between Sea and Sky
[PR]

by sHimawari2 | 2011-01-03 08:16 |

病気を治す「体の声」の聴き方   

2010年 09月 17日

安保 徹著
ストレスが原因で病気が発生しているのに
そのストレスを解決しないで
薬を常用するとよけい悪化
身体は正直で
弱い部分にいろいろ症状を出す
下痢や風邪等はいい例
菌も含めて外に出そうとするのを
無理に止めてしまうと長引いてしまう
少々の症状は
それを出し切ったほうが
身体にはいい
身体が休みなさいというサインを出してるのだから
休息させることが一番
何だか納得してしまった

玄米を食べ、
温かい飲み物を飲み
薬をなるべく飲まず、
体温プラス4度のお風呂にゆっくり入り
相手を変えず、自分を変え
とにかく笑い
意識して深呼吸をし
「ありがとう」を言い
「爪もみ」をし
仰向けに寝て
十分な睡眠とる
適度な運動を続ければ
免疫力が高まり、健康になるという
[PR]

by sHimawari2 | 2010-09-17 22:30 |

インパラの朝   

2010年 08月 18日

c0141431_22235915.jpg

中村 安希作

友人からこの本が面白いからと紹介されたが
人気の本らしく3ヶ月待ちで図書館で借り
一気に読み終えた
最初、アジアからアフリカと女性の1人旅の物語
私は本当に興味がわくの?

主人公がアフリカに入ってから
いろんな人と話し
矛盾していることやどうにもならない憤りを
描いている描写がなんとも
スカッと小気味よく

自分でも日々考えているような事をだったけど
文として読むことが出来て
心がスッキリした005.gif

そうそう・・・そういう ことを言いたかったのよ・・・
読み終えた読後は
自分がバックパッカーをしていた頃の
いろいろんな人と会いたくなっていた

いい出会いをこれからも大切にしていこう053.gif
[PR]

by sHimawari2 | 2010-08-18 22:23 |

体の老廃物・毒素を出すと病気は必ず治る   

2010年 08月 13日

漢方では『食が血となり、血が肉となる』
食べたものが血液になり、血液が肉=器官を養っているという意味
『万病一元、血の汚れから生ずる』
ガンは血液の汚れの固まり、または汚れを浄化する装置である
ガンの特徴的な症状は、出血するといこと。
血を奇麗にして治そう、体を守ろうとする正常な反応。
ガンの出血も、汚い血を排泄して少しでも延命しようとする反応
『こうした出血は自然治癒反応』
ガンは血液の汚れ(老廃物・有毒物)を固めてその場で処理する
『浄化装置』
ガンを手術で切り取ったり、放射線や抗ガン剤で消滅させたりしても、
人が同じ悪い生活習慣を続けて血液を汚せば新たな浄化装置を作ってくる。
これを『転移』という


この言葉にちょっと救われた、食に気をつけなければやはりだめ
間違っていなかった006.gif

『体の老廃物・毒素を出すと病気は必ず治る』
石原結寛
[PR]

by sHimawari2 | 2010-08-13 23:48 |

レンアイケッコン   

2010年 08月 11日

c0141431_1373288.gif

c0141431_1373215.jpg


「悲しみから報酬を得よう」
悲しい出来事にも、よく見ると、何かしらいい事がある。
どんな悲しい出来事であっても、ちょつと見方をかえれば明るい側面がある。


ポジティプシンキングと言うこと

出来るようで出来ないけど
見方を考えることはいいこと
[PR]

by sHimawari2 | 2010-08-11 13:07 |

ファーストフラシュ?   

2010年 08月 02日

疑問に思っていた答えが今日読んでいた本に

茶葉を摘んだ季節によってわけらている。
3月の終わりから4月の初旬にかけて摘まれたのがファーストフラッシュ、
5月から6月がセカンドフラッシュ、10月に摘まれたのがオータムナル。
ファーストフラッシュは強い渋みがある茶葉でストレートティー向き、
セカンドフラッシュは深みがあってミルクティー向き、
オータムナルはこくがあってロイヤルミルクティー向き


紅茶を購入する時、気になっていたけど聞けなかった
そういえばインドに行った時のミルクティーはこくがあったなと
フッと思い出した063.gif
ダージリン、キーマン、ウバの3大銘茶
ロイヤルミルクティーに最高のアッサム、
ストレートティーからスパイスティーまでなんでもござれのニルギリ、
ヌワラエリヤ、ディンブラ、ルフナ、キャンディ、ラブサンスーチョン、
ドアーズ、ラミン、ジョルジ、リゼ、ギャル

ダージリン、アールグレイ、アッサムしか知らない私は
紅茶の種類の多さにびっくり
今度は銘柄と味も楽しんでみよう

あなたに逢えてよかった 新堂冬樹 より
[PR]

by sHimawari2 | 2010-08-02 23:40 |